彼氏を怒らせた!自分が悪いときに許してもらえる3つのLINEテク | ラブエボルブ

彼氏を怒らせた!自分が悪いときに許してもらえる3つのLINEテク

彼氏を怒らせた!しかも自分が悪い…復縁

「自分が悪くて彼氏を怒らせたら、まず何をすればいい?」
「もし、別れようって言われたらどうしよう…」

怒ってる彼氏を目の前にして、動揺を隠しきれない…。
考えれば考えるほど、何をすれば許してもらえるのか分からなくなり、不安になりますよね。

そこで、自分が悪くて彼氏を怒らせた後にとるべき行動を紹介します!
この記事を読み、ベストな謝罪のタイミングを知り、心を込めて謝罪することで再び彼との関係を取り戻しましょう。

効果的なLINEの活用方法もお伝えしますから、ぜひ参考にしてくださいね。

自分が悪いと自覚があるなら!彼氏を怒らせた直後に取るべき3つの行動

「やってしまった…私のせいで彼氏を怒らせた…」と自覚があるなら、すぐに取るべき行動が3つあります。

もし、間違った行動をすると、彼氏の怒りがさらにヒートアップする結果に!それだけは避けてください。

怒った直後にすべき行動①素直に謝る

自分に非があると思うのであれば、まずは素直に謝りましょう。

謝るべき場面で、言い訳をしてしまったり、自分の非を認めないと、彼氏のイライラは最高潮に達します。
最悪なのは「もう話したくないんだけど!」と思われることです。
こうなってしまってはもう挽回の余地はありません。

大人になると素直に謝ることってなかなかできないですよね。
どこかで自分が悪いと認めたくないと、プライドが邪魔をすることもあるでしょう。

しかし、そんなプライドは捨てて、素直に「ごめんなさい」を伝えましょう。
ストレートな謝罪が1番彼の心に届きやすいですよ。

怒った直後にすべき行動②反省の態度を示す

しっかりと反省の気持ちを作れていますか?
見かけだけの反省をしても、ふてくされた態度を取っていると「あ、本当は悪いと思ってないな」と彼氏に見抜かれてしまいます。

たとえば「謝っているんだから許してよ!」なんて少しでも思っていると、態度や表情に出てしまうこと間違いなし。

言動が大切です。
言葉だけでなく、自分の仕草や行動なども一貫させましょう。

自分の心に嘘をついてはいけません。
本当に自分が悪いと思っていれば、自然と態度でも示せるようになります。

怒った直後にすべき行動③解決方法を話し合う

彼氏と問題解決の方法について話し合いましょう。

彼氏もあなたに変わってほしいと思っています。
だから、怒っているのです。

もし、もう無理なら「別れよう」と言われるはず。
ゆえにチャンスはまだあります。

たとえば「今度からは〇〇しないように××するね」と、あなたの悪かったところだけでなく、同時に改善策も伝えることをおすすめします。

すると彼氏も「××じゃなくて△△がいいかな」と話し合うことができます。
さらに問題を解決するために進んで協力してくれることも。

彼氏とコミュニケーションを取り、自分も変わる努力をすることを伝えると、許してもらえる確率が上がります。

様子見ながらほっとく?それでも怒る彼氏との理想的な冷却期間

彼氏の怒りを冷ます冷却期間

怒った直後に素直に謝っても、許してもらえないことがあります。
もし聞く耳を持たないくらい激怒してたら、一旦彼氏の怒りを落ち着かせるため、冷却期間を設けることも必要でしょう。

あなたも経験があるように、怒りを抑えるには少し時間がかかりますよね。
なので、彼氏の怒りが落ち着くまで、少し様子をみましょう。

理想的な冷却期間は『1日』です。
長くても2〜3日を目安と考えてください。

冷却が不十分だと冷静になれないし、逆に時間を置きすぎると自然消滅(事実上の別れ)になる可能性も考えられます。

冷却完了を目安に連絡を取りはじめましょう。
冷却期間中はあなたの不安の気持ちが大きくなるかもしれませんが、彼氏とまた上手くやっていくために必要な期間です。

連絡したい気持ちをぐっと堪え、連絡は断ちましょう。

音信不通を回避!彼氏を怒らせた後に有効なLINE活用方法3選

彼氏との音信不通を回避するために上手くLINEを活用しましょう。

冷却期間を取ったあとに最初に送るべきLINEは、再度心から謝罪することです。
しかし、より大切なのはLINEの文章よりも送る時間帯だったりします。

以下に、彼氏を怒らせた後に有効なLINE活用方法を3つお伝えしますので、参考にしてみてください。

①彼にとってベストな時間を選択してLINEを送る

彼氏にとって忙しくない時間に連絡しましょう。

忙しい時間帯にLINEしてしまうと、「なんでこんな忙しい時間に連絡してくるんだろう…嫌がらせか?」と思われてしまいます。

せっかく怒りが冷めてきたのに、再び着火させないようにしましょう。

そこで彼の生活を振り返り、大丈夫そうな時間をピックアップしてください。落ち着いている時間に連絡ができれば、彼も心穏やかに対応してくれる可能性があります。

さらにベストな時間に連絡することで「ちゃんと俺のことを考えてこの時間にしてくれんだな!」と彼氏に反省が伝わりやすくなりますよ。

②最初のLINEは心を込めてもう一度謝罪する

彼氏に反省が伝わるように心を込めて謝罪しましょう。
彼氏の怒りを軽減させ感情を『許す』という状態に持っていくために大切なことです。

そのためにはまず謝罪の言葉から入りましょう。その後あなたに非があることを認めて繰り返さないように今後の対策も伝える必要があります。

最後に彼氏の感情を思いやり、再び謝罪の言葉で閉めるという流れがおすすめです。

LINEの機能にあるスタンプや絵文字などは使いすぎ注意です。過度に使用すると反省が伝わりにくくなることがあります。

謝罪文なので、装飾はあまり利用せず改行や空白を入れることで読みやすい文章作りを心がけましょう。

③無理にLINEの返信は催促しない

LINEを送ると「早く既読にならないかな…」「彼氏からの連絡まだかな…」とソワソワしますよね。

しかし、彼氏がいまだに怒っているなら返信は期待できません。もう少し冷却時間が必要なのかもしれませんので待ちましょう。

もし冷静になっていたら彼氏の落ち着いた時間を狙って連絡しているので、早いうちに返信がもらえる可能性はあります。

なるべくリラックスしながら気長に返信を待ってください。

【未読無視?】LINEで連絡しても見てなさそうな時の対処

とにかく返信を焦らずに待つことです。
彼氏にも返信のタイミングがあります。

「既読にもならない…」「見てないの?」と不安や焦りが出てきてしまうかもしれません。

しかし、彼氏の立場に立ったら、怒りが残っている状態で冷静には返信できませんよね。彼氏も謝罪を受け入れられる余裕ができてから連絡をしたいと思うはずです。

なので、彼氏の気持ちが落ち着き返信がくるまで待ちましょう。

返信がないからと言って何度もLINEを送ることはおすすめできません。
彼氏からの返信を待つ以外に方法はないと考えてくださいね。

彼氏が落ち着こうとしている時はそっとしておくことが重要です。

絶対別れたくない!彼氏を怒らせた後の不安に打ち勝つ方法

彼氏からの連絡を待つ間の不安に打ち勝つために、軽めの運動を取り入れましょう。

やるべきことをやったあなたは、あとは彼氏からの返信を待つ状態に。待ち時間が長いと不安も増してきますよね。「まだ怒っているのかな?」「このまま連絡なしで自然消滅?」とどんどん想像が膨らんでしまうでしょう。

でも絶対に別れたくないあなたが不安に打ち勝つには、少しでも彼氏のことを考えない時間を作ることが一番です。なので、軽めの運動を取り入れて心身共にリフレッシュしましょう。

運動をしている間は彼氏のことも頭から離れるはずです。モヤモヤ感も汗と共に流れ、気分もスッキリになりますよ。

じっと待っていると不安は膨らむばかりなので、ぜひ彼氏以外のことに目を向けるようにしてみましょう。

まとめ:心からの謝罪後、彼氏の冷却完了まであなたの心と体もリフレッシュさせよう

あなたが彼氏を怒らせてしまった自覚があるなら、心からの謝罪をしましょう。
自分の非を認め、言い訳はせず、反省している態度を示すことが大切です。

LINEは既読の有無に関わらず、返信待ちの間は不安が募るので、軽い運動を取り入れて心も体もリフレッシュさせましょう。

絶対に彼と別れたくないと思って、返信が無いからと言って何回も連絡をすることはNG
です。冷静を取り戻した彼と落ち着いて話し合い、また良い関係を取り戻すための努力をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました